子どもの“SOS”を見逃さない! 保育者だからできること

子どものsos

子どもの虐待に関する悲しいニュースがあとを絶ちません。保育者は子どもと保護者の一番身近にいる存在です。子どもを虐待から守り、保護者の子育てを支えるために、毎日子どもと接している保育者だからこそ気づける子どもと保護者のSOS、そして気づいたときにどうしていけばいいかが具体的に書かれています。虐待かな?と迷ったときに必要なページをめくり、役立てていただきたい本です。

【出版社】メイト
【著 者】加藤尚子
【発行日】2019年11月1日
【分 野】教育・保育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です